FC2ブログ
Profile

Nango

Author:Nango

空がキレイだなぁ

Search

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
123

SublimeText2 -> VSCode


vscode_logo.png

Cmd + D 使えるようになってた

Visual Studio Code v0.10.6

ここ を見ると0.9.0から追加されたみたいだ

コマンド名は editor.action.addSelectionToNextFindMatch
なるほど


Unityで使えるようにセットアップ
Unity Development with VS Code
【Unity、Mac】エディタをVisual Studio Codeに変更する。


VSCode - Cmd+D
vscode.gif

動いた

...あれ Whole Word (単語全体が一致するものだけ) 選択できなくね?
cubeGameObject を含めずに gameObject を選択できない
Case Sensitive (大文字小文字も一致するものだけ) も使ってGameObjectも含めたくない



Sublimeはどうだったか

SublimeText2 - Cmd+D
sublime.gif

選択している文字がある => 文字列の検索
    〃    ない => カーソルが乗っている単語の Whole Word 検索

Case Sensitiveはなかった




調べたら VSCodeのaddSelectionToNextFindMatchにもWhole WordとCase Sensitiveがあった!

VSCode - Cmd+D Option
vscode-widget.gif



めんどくさ



切り替えショートカットはあるけどToggleだからon offの状態を確認しないといけない
この検索ウィジェット出してないとon offがわからない

Sublimeみたいにうまく切り替えて欲しい
Case Sensitiveなんて常時onでいい


半分同じ考えの人がいた
Make addSelectionToNextFindMatch (ctrl+d) case-sensitive


Voteしよう


不満はあるけどインテリセンス使えるしVSCode使うことにする
  • Date : 2016-01-07 (Thu)
  • Category : Unity
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。