FC2ブログ
Profile

Nango

Author:Nango

空がキレイだなぁ

Search

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
96

JSONを利用する1 (Unity v3.5)

UnityでJSONを使えるようにするまで
JSONを利用する2 こっち先に見たほうが良いかも


分かりやすそうな解説ページが最初に目に付いた LitJSON を使う

1) ここ から litjson-0.5.0.zip をダウンロード
2) litjson-0.5.0/src/LitJsonフォルダを Project の Pluginsフォルダへ入れる//まだないないなら作成
3) サンプルをゲームオブジェクトへ適用し実行

SampleLit.cs
using UnityEngine;
using System.Collections;
using LitJson;

public class SampleLit : MonoBehaviour {

public Data myData;
IEnumerator Start () {
string url = "http://tepco-usage-api.appspot.com/latest.json";
WWW www = new WWW(url);

yield return www;

myData = JsonMapper.ToObject<Data> (www.text);

print (myData.saving);
}
}
[System.Serializable]
public class Data {
public bool saving;
public int hour;
public int forecast_peak_period;//*
public string capacity_updated;
public string forecast_peak_updated;//*
public int month;
public string usage_updated;
public string entryfor;
public int capacity_peak_period;//*
public int forecast_peak_usage;//*
public int year;
public int usage;
public int capacity;
public int forecast;//*
public int day;
}
このサンプルは 東京電力電力供給状況API から最新の電力使用状況を表す latest.json を読み込む
受け取ったデータは、スクリプトを適用したオブジェクトの Inspector から確認できる//[System.Serializable]これのおかげ

対象の .json の書式に合ったメンバ変数を持つクラスを用意する必要があるみたい。


参考サイトで紹介されたときより .json の要素が増えているので、それに合わせて //* の行を追加しないとエラーを起こす。

参考
しのぶの日記 (技術編) - UnityでJSON
  • Date : 2012-05-16 (Wed)
  • Category : Unity
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。